• HOME
  • お知らせ
  • 巻き爪補正なら安心・安全なペディグラステクノロジーがおすすめ!

巻き爪補正なら安心・安全なペディグラステクノロジーがおすすめ!

こんにちは、巻き爪ケア新宿『care salon REPOS』店長の遊佐(ゆさ)です!

巻き爪でお悩みの方や巻き爪補正をお考えの方に向けて、巻き爪や、爪に関するお役立ち情報をお届けしています。

巻き爪は手術をしないと治らない…そう考えられていたのは一昔前の話です。
今では巻き爪補正も進歩しており、皮膚を切ることなく、手術と同等に改善させることが可能となっています。

しかし、巻き爪補正といっても様々な方法があり、どの補正がいいのかわからないといった方も多いと思います。

今回の記事では、そんな方へ向けて当店が取り入れているペディグラステクノロジーをご紹介いたします。

特徴のほかに補正方法についてもご紹介していくのでぜひご覧ください!

ペディグラステクノロジーの特徴

ペディグラステクノロジーは株式会社ペディグラスが開発した巻き爪補正技術です。

『医療と美容の理想的な連携』を目指して巻き爪補正技術を研究・開発しています。

ここではペディグラステクノロジーの巻き爪補正がどのような技術なのかご紹介してまいります。

①痛くない施術

ペディグラステクノロジーで使用する巻き爪補正器具は、現在5種類ですべて国内外で特許取得済みとなります。

補正をかける際は、爪の先端(爪切りをしても痛みを感じない部分)に引っ掛けて爪表面に貼り付けるようにテンションをかけていきます。

そのため、ほとんど痛みを感じることなく補正を行うことが可能です。

②初回施術ですぐに痛みが消える

爪の先端に補正器具を取り付け、巻き爪部分を引き上げるとすでに皮膚に食い込んでいる部分が浮くため、その場で痛みがなくなります。

このとき、「まるで棘を抜いた時のような感覚」という方が多いです。

化膿・炎症・出血などがある場合、状態によっては医療機関を受診していただく場合がございます。

③短い爪でもOK

基本的に巻き爪補正をかけるときには短い爪では行えないものと思われていましたが、爪の先端部分が切りすぎてなくなっている状態だとしても痛みを伴わず補正をかけることができます。

これはペディグラスの特殊な補正器具ならではの技術となります。

④巻き爪の再発率が低い

まずは爪の先端部分の巻き爪部分に補正をかけていきますが、補正を完了させるには、後に根元上げという補正が必要となります。

先端部分の巻き爪を補正することで痛みがなくなるため、この時点で補正完了と思われがちですが、巻き爪は根元から巻いていることが多く、伸びてくるとまた同じように巻いてしまうこともあります。

ペディグラスでは、根元上げの技術を用いて根本的な解決をすることができるため、再発率を低くすることができるのです。

遺伝による巻き爪の場合には再発率が高くなるため、継続した補正をおすすめしております。

⑤透明な器具で見た目も美しくネイルもOK

針金や刃物を一切使わない安全な施術方法で、透明な補正器具を取り付けるため仕上がりが美しくなります。

また、爪表面に凹凸がなく補正をしていることがほとんどわかりません。

ストッキングや靴下に引っ掛ける心配もなく、補正の上からネイルを楽しんでいただくことも可能です。

ネイルリムーバーやアセトンは補正器具が外れやすくなる原因となるため使用は控えてください。

⑥あるゆる爪トラブルに対応

ペディグラステクノロジーの取り扱う補正器具は、巻き爪のみでなく陥入爪(爪が指に沈み込んでいる状態)や、ストロー型渦巻き型片側だけの巻き爪親指以外の爪など、様々なトラブルに対応できます。

爪のお悩みのほとんど全てに対応できる技術なので、お気軽にご相談ください。

⑦親趾以外の爪も施術OK

足の人差し指から小指までを2趾~5趾と呼びます。

巻き爪といえば親趾と思われますが、2趾~5趾の巻き爪で悩む方も多くいます。

ペディグラステクノロジーの補正器具は小さい2趾~5趾の巻き爪にも補正をかけることができるため、すべての爪に対応可能となります。

小さな趾の爪は親趾の爪より薄いため、親趾の爪の補正に比べて補正の期間が短く済むことがほとんどです。

⑧1ヵ月に1回通うだけ

巻き爪の程度によって、補正完了までの回数は異なりますが、どんな状態の爪でも1ヵ月に1度の施術だけで確実に良い状態へと変えていくことが可能です。

補正内容や料金も症状が軽くなるにつれ変動してまいります。

最短で平均3ヵ月~10ヵ月で補正完了いたします。

ペディグラステクノロジーの補正方法

ここまでペディグラステクノロジーの特徴をご紹介してまいりました。

実際にペディグラステクノロジーの巻き爪補正を受けたことのある方ならご存じだと思いますが、痛みの少ない補正技術であるため安心して補正を受けることができます。

ここでは補正方法についてご紹介してまいります。

①カウンセリング

当店では初回のお客様にはカウンセリングからの施術とさせていただいています。

このとき巻き爪なのか陥入爪なのか、お爪の状態をしっかりチェックすることで、ひとりひとりに最適な補正方法や補正期間のご提案をします。

この時点で爪白癬(爪水虫)化膿炎症出血がみられる場合には病院への受診をおすすめする場合もございます。

これはペディグラステクノロジが医療行為ではなく美容行為であるという観点からです。

また、補正はせずにカウンセリングのみの場合、料金はいただいておりません。
お気軽にお問い合わせください。

②プリパレーションを行う

プリパレーションとは、補正器具を取り付けるための前処理のことをいいます。

安全な方法でお爪周りのお掃除や適切な甘皮処理を行います。

プリパレーションをしっかり行うことで正しく補正をかけることが可能です。

③補正器具を装着する

プリパレーションが終わったら補正器具を装着する段階へ移ります。

ペディグラステクノロジーでは5種類の補正器具を取り扱っているため、どのようなお爪でも装着・補正が可能です。

実際に巻き爪補正で使用されることが多いのは、ニューパワーフリースタイルという補正器具となります。

ニューパワーフリースタイルは5種類ある補正器具でもオールマイティな補正器具となり、軽度~中度の巻き爪であればほとんどがこの補正器具で補正をすることが可能です。

④仕上げ

補正器具が正しく取り付けられて、さらに補正がしっかりかかっていることが確認出来たら仕上げに移ります。

最後の仕上げで段差なく、なめらかにすることで補正器具が装着されているのがほとんどわからないくらい美しく仕上げることが可能です。

当店では必ず最後に栄養剤としてネイルオイルを塗布させていただきます。

施術中はお爪に関して、足の使い方や靴の選び方などもお伝えし、再発防止を目指していきます。

巻き爪や陥入爪でお悩みの方は

今回は、当店で行うペディグラステクノロジーついてご紹介いたしました!

特徴や補正方法を知ることで、少しでも不安が解消できればと思い執筆させていただきました。

実際に巻き爪や陥入爪は、放置してしまうとひどくなっていくこともあります。

しかし、早期に補正を行うことでより短期間でより早く改善させることが可能です。

巻き爪ケアREPOSでは、2022年9月30日まで新店オープン記念として巻き爪・陥入爪補正、割れ爪・欠け爪補正を1ヶ所50%オフにて受けていただけます。

またご自分で爪切りができない方へ、爪切りメニューもございます。

今現在巻き爪で痛みを感じている方も、痛みは感じていなくても巻いている方もぜひこの機会に一度ご相談にお越しください。

当店では、衛生管理上の観点から細菌感染が認められる場合施術をお断りさせていただきます。
爪水虫の疑いがある場合には、一度皮膚科で細菌検査を受診してからお問い合わせ下さい。
また、ひどく化膿している場合や、出血がみられる場合にも施術をお断りさせていただきます。
ご了承ください。

お知らせ一覧に戻る
ページトップへ